キルティステーション その31「呼び醒まされた記憶 -the Battle with Sherah-」

どもです。キルティです。

更新頻度がやたらと落ちてるのは、ちょっとリアルに忙しいからです。
とはいえ、空いた時間がないこともないのですが。

さて、今回はキルステの更新をします。
というのも、最近はブログに書くほどのネタもないので、
キルステくらいしか更新する内容がないよう(ぇ

それでは、今回紹介する曲は・・・


呼び醒まされた記憶 -the Battle with Sherah-
作曲:伊藤賢治



ゲーム「ロマンシングサガ ミンストレルソング」のシェラハ戦BGMです。
実はこの曲は原曲ではなく、WS版ロマンシングサガに登場した曲のアレンジバージョンとなります。

ちなみに原曲はこちら。


俺はどちらも大好きです。

アレンジバージョンであるミンサガ版は、編曲が伊藤賢治氏ではなく別人です。
ですが、この曲を初めて聴いた時は鳥肌が立ちました。
だって、これゲームの曲ですよ?
しかも、通常プレイでは目に出来ない、ある意味隠しボスでの専用曲。

ゲームミュージックは、今はもう立派な音楽のジャンルです。
ハードロックが好きな俺ですが、まさにこの曲はドストライク。

こんな曲が、ゲームしてたら流れてくるんですよ?
そりゃテンションだって上がるってもんです。

もし、ゲームミュージックに興味のない方も、
一度聴いてみてはいかがでしょうか?

さまざまなジャンルで、世にあまり知られていない、
数々の名曲がいっぱい眠っています。
中には、聴くだけで涙が流れるほどの名曲もあります。

キルティステーションでいずれ、そんな曲を紹介したいですね。

それでは今回はこの辺で。
皆様、良い音楽ライフを。
あでゅー
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

キルティステーション その30「It's not a dream」

どもです。キルティです。

今回はキルティステーションを更新します。

土曜日に更新なんて言ってたのがウソみたいな状況になってます。
まぁ、出来るだけ頑張るつもりですが、何故か火曜日に更新してしまいます。

というわけで、今回紹介する曲に入ります。

B'z
It's not a dream



B'zの1st Album「B'z」に収録されている曲。
B'zの中でもかなりマイナーな部類に入るであろう曲です。

B'z好きな人には有名な話で、アルバム「Flash Back」問題がありましたが、
そのアルバムではトップの1曲目を飾っています。

個人的に、初期~90年代のB'zが特に好きで、
最初期にあたるこの曲は、打ち込みサウンドとギターのコラボを目指していた、
松本さんの当時の音楽性が非常に出ていると思います。

今の稲葉さんが歌ったらどうなるのか・・・
それを聞いてみたい曲の一つですね。

1stアルバムの曲を、新たに編曲して収録した、
リメイクアルバム的なのを作って欲しいと切に願うキルティでした。

それでは今回はこの辺で。

皆様、よい音楽ライフを。
あでゅー

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

キルティステーション その29「蛍火」

どもです。キルティです。

しばら~くの間、更新をサボってました。
何かあったのか。

強いていうなら、
新しい仕事がはじまりました
まぁ、そのくらい。

とある大手に、紹介予定派遣ってシステムを使って入社した。
半年後、その大手の直接雇用で契約社員に、
さらに2年10ヶ月後に、正社員雇用、というシステム。
世界規模で事業展開してる会社だから、ぜひとも頑張りたいです。

というわけで、今回はキルティステーションを更新します。
しばらく更新してなかったのでね。

と、いいつつも、前回の記事はキルステなんですが(´・ω・`)

なに、気にすることはない。



さて、それでは紹介する曲にはいります。

須藤まゆみ
蛍火




この曲は、ゲーム「テイルズオブレジェンディア」の作中に流れる挿入歌です。

テイルズオブレジェンディアには、数多くの挿入歌がありますが、
唯一、この曲だけは、歌詞の内容が現実世界にリンクしています。

他の曲も、名曲である事に変わりはないのですが、
ゲーム内の専用の言語で歌われていたり、日本語に訳しても、
そのゲームの事を語った内容だったりします。

つまり、テイルズオブレジェンディアをプレイしていない人にとっては、
曲は良くても、内容を理解できない音楽、という事になります。

では、この「蛍火」はどうなのか。

ゲーム内では、ストーリー展開上でかなり泣ける歌ではあるのですが、
この曲はこのゲームを知らなくてもガチ泣きする曲です。

この動画には、作成・投稿された方が歌詞も記入してくれていますので、
是非、一度ご覧になっていただきたい。


簡潔に言えば「死」の歌です。


愛しい恋人を、死という現実によって引き裂かれた。
その感情を詠った歌なのです。


俺は、かつての記事にも書いた事がありますが、
もう10年ほど前、当時の彼女を事故で失ったことがあります。

状況は色々違いますが、
この曲は、その当時の事を思い出す、非常に悲しい歌です。

そんな、言葉に言い表すことの出来ない想いを、
こんな歌詞で表現するとは。

作詞・作曲された、椎名豪さん、そしてそれを歌う須藤まゆみさんに、
敬意を表します。



それでは今回はこの辺で。

皆さん、良い音楽ライフを。

あでゅー

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

キルティステーション その28「鐘を鳴らして」

どもです。キルティです。

今回はキルティステーションの更新。
あ、先週サボりましたね。すみません。
パワプロやってたら更新わすれてました( ゜∀゜ ) アヒャ!!

まぁ、誰が得するでもないコーナーなので、
気にも止めないでしょうが、一応言っておきます。

すみませんでしたヽ(・∀・)ノ


というわけで、今回紹介する曲に移ります。


Bonnie Pink
鐘を鳴らして

Ring A Bell





XBOX360、PS3にて発売されているゲーム、
テイルズオブヴェスペリア
および、それを題材とした映画、
テイルズ オブ ヴェスペリア 〜 The First Strike 〜
の主題歌となっています。

2種類は同じ曲で、
日本語バージョンと英語バージョンとなっています。

今回は、この曲を紹介する、というよりも、
この曲とテイルズオブヴェスペリアの相性の良さを紹介しようかと。

簡単に言えば、日本語バージョンは、
主人公「ユーリ・ローウェル」の視点であり、
英語バージョンを日本語に訳すと、
主人公の友人「フレン・シーフォ」の視点での歌となります。

作品中でも、
罪は然るべき場所と法律で裁くべきだと主張する、
表の道を進む「フレン」と、
法では本当の「悪」は裁けないとし、罪を犯してでも自分の信じた正義を成すため、
自ら裏の道を進む「ユーリ」の視点が描かれています。

どちらが正しいのか。
それは、正直なところフレンの方に賛成してしまいます。
ですが、それでは裁ききれない悪がいるのも事実。

時代劇で例えるならば、
フレンは「遠山の金さん」
ユーリは「必殺仕事人」なのです。

ユーリのしている事は、本当は罪深き事。
でも、ユーリのような存在がいなければ、助けられない命もあるのです。


曲の話に戻しましょう。

上記の説明どおり、道を違えた二人ですが、
望む世界は、平和な未来は、全く同じものです。

そして、それはこの歌詞にて表現されています。
英語詞の一部を訳している部分を書くと、

「君が暗闇に居る時 僕は光でなくてはいけない」

ユーリが決めた道は暗闇に身を染めるようなもの。
そんな彼を救いえるのは、光の道を歩む自分しかいない。

俺はそう解釈しています。


日本詞の部分、

「君に背を向けて久しく 満天の星空が寂しい」

ユーリは自分の選んだ道が正しいと信じた。罪である事は承知の上で。
そんな自分はフレンに向かい合う事は出来ない。
同じ星空で、同じ夢を追っているのに、違う道を歩む自分とフレン。

それを憂いた歌詞、と俺は解釈しています。


他にも、色々思うことはありますが、
この「テイルズオブヴェスペリア」という作品は、
ユーリとフレンはもちろんとし、
各登場キャラクターは、それぞれ非常に立っている作品です。


この素晴らしい歌とともに、
プレイ済の方も、未プレイの方も、
今一度、このゲームをプレイしてみてください。

この曲を作るとき、本当に作品を良く見て作ったのだ、と実感します。


今回は曲のプレビューっていうよりも、
ヴェスペリアの話になっちゃいましたね。

ま、いっか。

それでは今回はこの辺で。

(人-ω-)。o.゚。*・★Good Night★・*。゚o。(-ω-人)

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

キルティステーション その27「IN MY DREAM」

どもです。キルティです。

先週の土曜日もキルステ更新できず。
うん、更新日を全然守ってないよね。

今後頑張ります。出来れば。出来るだけ。多分・・・

というわけで、今回紹介する曲。

今まで、俗に言う「アニソン」に該当する曲は、
極力避けていましたが、前回の「瞳ノ翼」もいわゆるアニメ主題歌だし、
もう解禁してしまいます。




真行寺恵里
IN MY DREAM



アニメ「ブレンパワード」のオープニングソングです。
また、真行寺恵里さんのデビュー曲でもあります。

この曲は、まさしく愛の歌。
比喩的な表現が多いですが、
まっすぐな大人の愛を表現していると思います。
ちょっとエロい歌詞です。

ちなみに、この曲が主題歌である、
「ブレンパワード」のオープニング映像も、
ほとんど女性の裸ばっかりです。
でも、エロスよりも、女性の神秘的な部分を表現しています。
ちなみに、普通に一般アニメです。あしからず。

さて、曲について・・・
というよりも、この曲に関しては、
真行寺恵里さんの歌唱力についての方が印象深い。

なんといっても、キーがハンパじゃないです。
歌詞で書かれている部分も高いのですが、
それよりも、間奏の部分。
「ら~らららららら~」の部分ですね。
あれ、すごいですよね。
高すぎる。プロの力を見せ付けられた気分です。

知人の女性が数人、この曲にチャレンジした事がありましたが、
残念ながら全滅でした。

俺は、ジョイサウンドで声を女声に変えて、
1オクターブ下げて歌ってようやく気持ちよく歌えるレベルです。

個人的にですが、
アニソンの中で一番好きな曲です。

ボーカルの声質、音域もそうですが、
曲の構成や、音色、その他もろもろが俺の好みです。

アニソンに興味がない、という方も、
一度、こういった曲に触れてみてはいかがでしょう?

また違った角度から、音楽の良さを見ることが出来ると思います。



それでは今回はこの辺で。
皆様、良い音楽ライフを。
あでゅー

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

来訪者様総数
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

キルティ

Author:キルティ
とりあえずゲーム好きです。
後は仕事やらなにやらそれなりに忙しかったり暇だったり・・・
基本的に気ままなマイペース人間です(そのつもり)
・・・けど、結構短気な男でございます。

画像は以前プレイしていたテイルズオブエターニアオンラインの時に使っていたキャラです。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも一覧

ちとせの匣

ボラス・キニフのビバ!!好奇心

好きなことを好きなように。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

投票
無料アクセス解析