虹の橋

皆さんは虹の橋というものを知っていますか?


20060801123645.jpg


本日早朝7:30頃。
このブログでも初期のころに紹介したことのある愛犬が息を引き取りました。
約十数年の歳月は長く、そして短い時間でしたが、とても充実していた日々だったと思います。
家族全員がはっきりと言えること。
それは、「愛犬は幸せだった」ということです。
半年ほど前からでしょうか、白内障にかかっていた愛犬は、ご飯を食べたくても目の前にあるものが見えにくく、においを嗅いで食べていました。それまでは元気で食い意地もはって、まさにやんちゃだった愛犬が、食べたくてもなかなか食べられない状態になっていたのです。
しかし、それでも元気よくがんばってきていました。
本当にがんばって生きてきました。
呼んであげると尻尾を振り、外から帰ってくると出迎えてくれて。
本当にかわいく、家族の一員としてみんなを支え続けてくれていたと確信しています。
白内障以外にも、心臓に病があったり、もともと神経質で臆病者で・・・
最後となった今日。いつもと同じように目覚めました。
俺は体調不良のため会社を休んだのですが、今となっては休んで正解だったと思っています。
母が急に「パピー(愛犬)が死んだかもしれへん!」と俺のところへかけよってきました。
パピーのところへ行くとすでに意識はありませんでした。
すぐに姉、父と連絡を取り、みんなが集まってきました。
みんなパピーのもとへ集まり、何を言葉に出していいかわからない状態。ただただ泣くしかありませんでした。
俺や姉にとっては兄弟みたいなものだったし、親にとっては子供みたいなもの。家族の一員が息を引き取ったのです。泣き崩れるのも仕方がありません。
パピーの亡骸を抱え、最後の別れをするために動物霊園へとやってきました。
小さい棺の中で横たわるパピー。体は冷たく固まっていました。
みんなが涙を流し、その姿を見て触れる最後の瞬間を惜しんでいました。
今までパピーが使っていた毛布やおもちゃなどを入れてあげて、さびしくないようにあたたかく見送ってあげました。
そして火葬場へ・・・
その間、待合室にて時間を潰していたところ、ふとある一文を発見したのです。


それが「虹の橋」。


その文章は心を打たれました。涙を流すしかありませんでした。ただただ・・・
その文章を紹介したいと思います。同じような境遇の方や、以前に起こった方、これから不安な方、いろいろいることでしょう。この文章であなたが何を思うか。それは俺にはわかりませんが、俺にとってはすごく心に響く文章でした。



-----------------------------------------------------------------


虹の橋

 天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、
死ぬと『虹の橋』へ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく快適に過ごしているのです。


病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさを感じているのです。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。

 それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。


-----------------------------------------------------------------



いかがでしたでしょうか?
今天国の手前にある虹の橋で、パピーは大勢の仲間たちと共に広い草原を駆け巡っています。そして、俺達が天国に行くまで待っていてくれているのです。でも急いで行くわけにはいきません。精一杯生きてからパピーのもとへ行こうと思います。
それまでは虹の橋でみんなと一緒に遊んでいてくれよな。
















それでは今回はこの辺で。また!





↓今回はコメントの返信のみです

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

来訪者様総数
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

キルティ

Author:キルティ
とりあえずゲーム好きです。
後は仕事やらなにやらそれなりに忙しかったり暇だったり・・・
基本的に気ままなマイペース人間です(そのつもり)
・・・けど、結構短気な男でございます。

画像は以前プレイしていたテイルズオブエターニアオンラインの時に使っていたキャラです。

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブロとも一覧

ちとせの匣

ボラス・キニフのビバ!!好奇心

好きなことを好きなように。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

投票
無料アクセス解析